本文へ移動

病気・くすりについて

病気・くすりについて

体調について

  • 園で体調が悪くなった時は、お迎えにきていただきます。
  • 園で38度以上の発熱がある場合は、その旨を伝える連絡をいれていただきます。
    その時のお子さんの様子(熱があがっていく・食欲不振・活気がない・おう吐や下痢が続くなど)をみながら、お迎えしてもらうことになります。
  • 体調が悪くなった時は早めに医療機関に受診しましょう。
  • 感染症にかかったら、他の園児への感染を防ぐため、お休みして下さい。
  • 登園前に、体調が悪そうだったり、気になることがある場合(食欲がないなど)は登園前に保育士にその旨を伝えてください。体調・症状が変化しやすいので、連絡先も伝えてください。
  • 症状により登園許可証が必要なものがあります。その際は提出をお願いします。
  • 医師による診断の結果、薬が処方された場合、薬は一回分に分け、持たせてください。
    与薬表の提出もお願いします。なるべくは保育士に手渡してください。
  • 市販薬・解熱剤は園では使用しません。

医師の診断を受け、保護者が記入する登園届が必要な感染症

病名
感染しやすい期間
登園のめやす
溶連菌感染症
適切な抗菌薬治療を開始する前と開始後1~2 日間
抗菌薬内服後24時間経過してること
マイコプラズマ肺炎
適切な抗菌薬治療を開始する前と開始後数日間
発熱や激しい咳が収まっていること
手足口病
手足や口腔内に水疱・潰瘍が発症した数日間
発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく普段の食事が取れること
伝染症紅版(リンゴ病)
発疹出現前の1週間
全身状態が良いこと
ウイルス性胃腸炎
(ノロ・ロタ・アデノウイルスなど)
症状のある間と、症状消失後1 週間(量は減少していくが数週間ウィルスを排泄しているので注意が必要)
嘔吐・下痢などの症状が治まり、普段の食事がと
れること
インフルエンザ
発症24時間前から後3 日間が最も多く、通常7 日以内に減る
発熱後5 日間及び解熱後2日を経過してから
(乳幼児にあたっては、3日を経過してから)
ヘルパンギーナ
急性期の数日間(便の中に1カ月程度ウ
ィルスを排泄しているので注意が必要)
発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事が取れる事
RSウィルス
呼吸器症状のある間
呼吸器症状が消失し全身状況が良いこと

意見書・治癒届

ダウンロードについて〜

※PDFファイルの閲覧には、 Adobe Reader のインストールが必要です。
詳しくはAdobe Reader のダウンロードページ(外部リンク)をご覧ください。
TOPへ戻る